FC2ブログ
2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.27 (Tue)

vs.edi

詭弁対決?
そんなこと気にせず、次のやり取りをどうぞ。ただし、少しは簡潔にまとめております。また、不必要だと思われる部分は省略もしておりますので。
現実に忠実に書こうと思いますが、どうしても誤りや、認識の違いが出てくると思います。ちなみに、真実は、僕は30円は借りてなんかいませんよ。
ediさん、できればそちらのブログでもまとめていただけないでしょうか?ただし、できるだけ客観的に。主観を入れすぎないように。
それでは、ご覧ください。

(注)次の文章中の[Pen.]や、[edi]などは、固有名詞を示します。実際の会話では、本名で話しているところです。また、赤字がedi、青字がPen.の発言です。
「30円返せ」
「?」
「30円返せ」
「借りた覚えはない。だから返さない」
「じゃあ、Finaleを買ってくれると[Pen.]は約束した。(しかし、買ってくれる気配はない。)[Pen.]はそれも裏切ってかつ30円も返さない気か?」
「それなら君はSRPGツクール購入費を、([edi][038][TTTT]の)三人が500円で、僕だけ2500円なのはどういうことか?(ちなみに主に使うのは[edi])」
「公平だ」
「どう見ても不公平だ」
「じゃあ、他の二人に判断してもらおうか?」
「有利な立場にある当事者に聞いては意味がない」
「ならば[野比]に見てもらおう」
「まあそのほうがマシ(全くの第三者ではないのだが・・・)」
「で、30円返せ」
「何故?」
「夢の中で貸した」
「借りた覚えはない」
「でも貸した。返せ」
「夢の中の世界はあくまで夢であって現実ではない。今、この世界は現実だ。現実には借りた覚えはない。だから返す必要はない」
「この世界が現実とは限らないし、自分の見た夢こそが現実かもしれない。だから返せ」
「しかし、[edi]の見た夢もまた現実とも限らない。だから返さない」
ここで[Pen.]はなぜか『夢確かめ機』の話。
「結局、どれが現実で、どれが現実でないのかはわからない。よって、何も信じることはできない」
「ならば、[Pen.]が30円借りていないということも信じられない。30円返せ」
「しかし、[edi]の言っていることもまた信じられない。だから30円は返さない」
このあと、じゃんけんのやり取り。[edi]が最初はグーと言って終わる(もともとどうでもいい僕のネタ)。[Pen.]はそれを棄権とみなす。だから、返さなくてもいいと主張。[edi]は不戦勝と主張。意見が合わないのでもう一度今度こそじゃんけん。[edi]は[Pen.]の不意をつき勝利。しかし[Pen.]は、[edi]が勝てば[Pen.]が30円を払うなどと約束した覚えはない。少なくとも、承諾していないと主張。ところで、じゃんけんにお金を賭けるのは賭博罪だと[edi]。[Pen.]はこれは「一時の娯楽に供する物」でないかどうか考察。・・・というやりとり。その後、[edi]は、じゃんけんをあきらめ次の攻撃。
「[Pen.]は概念であって真実ではない」
「この場合の[Pen.]は、固有名詞ではなく普通名詞の抽象名詞のことか?」
「違う。固有名詞としての[Pen.]だ。[Pen.]なのだから、30円返せ」
「理由がまったくわからない」
「だから、[Pen.]だからだ」
「[Pen.]ならば払わなければならないのは何故?」
「[Pen.]は[Pen.]であって[Pen.]以外の何者でもないからだ」
「ならば、君は[edi]だから僕は君に30円を払う必要はない。なぜなら、[edi]は[edi]であって[edi]以外の何者でもないからだ」
「で、30円返せ」
「何故?」
「[Pen.]は概念であって真実ではないから。概念は30円を払うことはできない。また、[Pen.]は30円を払うことができない。よって、[Pen.]は概念である。30円を払うことができないのだから、生活することはできない」
「[edi]に30円を払えない=生活できない、という等式は論理的に言えない。言い過ぎではないか?」
「違う。[Pen.]は概念なのだから、お金を払うことは不可能だ。だから、生活はできない。概念でないならば、お金は払える。また、概念でないことを証明するには[Pen.]は30円返せばよい。そうして、[Pen.]は初めて真実だということになる」
「仮に[edi]の仮定、『[Pen.]は概念であって真実ではない』が正しいとしても、僕は全く不自由してない。たとえ僕が概念だとしても、概念でない者と同じように生活することが現にできているし、そう考えると、僕は全く真実であることを証明する必要があるようには思えない。だから、僕は[edi]に30円を返す必要がない」
そして、一瞬の沈黙。
「で、30円返せ」
「全く説得力ないし」

今日のところは[Pen.]の勝利!!
よし。一勝。
次回はどのようなロジカル・バトルが繰り広げられるのか?楽しみです。



【More・・・】

昨日掲載し忘れた「これまでの画像」もありましたね。
リンク募集中
トレミー1
トレミー2
トレミー3
トレミー4
角その4
角その2
スポンサーサイト
21:47  |  論理学-math  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■No title

>>「有利な立場にある当事者に聞いては意味がない」


ediが2500円払えば済む話だ。
TTTT |  2008.05.28(水) 19:10 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://penpenpensama.blog25.fc2.com/tb.php/36-51723e83

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。