2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.01.17 (Mon)

おほなゐ

さて、本日1月17日は、天野正道作曲、

おほなゐ~1995.1.17阪神淡路大震災へのオマージュ~
 第1楽章「瓦解」
 第2楽章「荒廃、Requiem」
 第3楽章「復興そして祈り」


です。(吹奏楽)

「おほなゐ」とは、大地震を表す古語とのことです。
非常にストレートな表現をしている曲なので、とても聴きやすい曲と思います。

平和な日常から一転、一瞬にして一面瓦礫の山となった、恐ろしくも抗うことのできない自然の脅威。

音を積み重ねていくオープニング、そして、ソロによって紡がれていく旋律、高音パートの囀り。平和な朝を連想させます。

そして、ポップス調の部分に突入して、とっても平和な雰囲気のところに、ティンパニが・・・

そして・・・!


変化は一瞬ですね。いきなりやってくる。


世界は茫然となり、気づくと世界は一変している。そして、ところどころから火も上がり、鳴り響くサイレンの音。(サイレンの音が奏されるのが結構印象的なんですが)

余震もやってきます。安心する間もない、恐怖と絶望のどん底の世界です。


そして、混沌とした世界が広がります。


残るのは、多くのものが失われ、活気を失った世界。
寂しさだけが世界を支配します。それでも朝はやってくる。


そして、失われた命に鎮魂歌を捧げます。


この一番暗く、悲しく、何よりも辛いのがこの第2楽章です。


本当に聴いて感じ取っていただきたい部分です。



そして、第3楽章では、街はまた元の姿を取り戻しつつあります。
平和な朝を取り戻した街。

活気を取り戻し、復興のパワーへとつながります。

そして、元の姿を取り戻したかのように見える街。

しかし、震災の事実は消えません。後世まで残り続けます。そして、それは後世まで語り継がれるのです。
二度とこのような悲しいことが起きないように・・・



僕の文章で上手く言えてる気が全然しないのですが、まあお許しを。


『ラッキードラゴン』、『おほなゐ』と紹介しましたが、とてもメッセージ色が強いですよね。

本日は震災から16年。黙祷。


↓↓黙祷↓↓

コメントも!!
スポンサーサイト
22:01  |  鑑賞-music  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://penpenpensama.blog25.fc2.com/tb.php/514-f67966ae

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。