2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.08.13 (Wed)

~TODAY'S PIECE~ 交響曲第3番 作品89

〜TODAY'S PIECE〜
もはや、吹奏楽のために書かれた交響曲なんて、珍しくもなんともなくなってきて、中でもこの曲、世界初演が大阪市音楽団と知れば黙っちゃいられない。一日の初めに、一日の終わりに、カッコよく最高に気持ちいいこの一曲を。

『交響曲第3番 作品89』
作曲・作詞:James Barnes(1994)

I. Lento - Allegro Ritmico
http://youtu.be/ec15vDEJhts

II. Scherzo, Allegro Moderato
http://youtu.be/Sp-DSgh7Mq0

III. Mest (For Natalie)
http://youtu.be/xhAizsFRkRs

IV. Allegro Giocoso
http://youtu.be/bpW6_SVlHZ0

秋山和慶指揮/大阪市音楽団

2010年に行われた、第100回定期演奏会での演奏です。
このときは、ヨハン・デ・メイの『交響曲第1番「指輪物語」』の全曲演奏と共に二大目玉としてプログラムが組まれていました。
ライブCDにはこれら二つの曲が収録されています。かつて、大阪市音楽団が初演したという思い入れのある二曲。
細かい乱れは散見されるものの、スケール感や迫力は絶大。感動の渦に巻き込む一大長編がここに出来上がっています。
-----
暗から明へという伝統的で明快な構図、1,2,3楽章を経てこその、4楽章の歓びが、確かにそこにあります。

ティンパニソロによって呈示される冒頭のリズム、その後に続くテューバソロによるMTLの2番に基づくメロディ。この旋法のこのメロディと、冒頭のリズムが第一楽章を支配します。
作曲者であるバーンズが、生まれたばかりの娘ナタリーを亡くした直後に書き始めたこの曲。悲しみと絶望の溢れた、第一楽章となっています。

第二楽章は諧謔的な行進曲風。バスーンから始まり、各パートのアンサンブルが順に現れ音楽を紡いでゆきます。旋法はまだ変わらず。

人々の尊大さ、自尊心を皮肉るかのように、リズミカルで楽しげとも思える音楽が奏でられます。
そして、美しく感動的な第三楽章。クロテイルやフィンガーシンバル、ハープが神秘的な空間を作り上げ、その中で祈りを捧げるようにオーボエが旋律を奏で始めます。

題名にもあるように、まさに、愛娘ナタリーのための楽章。もしも生きていたら、そんな世界を思い浮かべながら、追悼する。音楽の頂点にあるのは、大きなカタルシス。バーンズは、愛娘に、別れを告げ、そして、第四楽章。全てを受け入れ、新たに前を向き、また、ビリーという息子を新たに授かった歓びとともに音楽は大団円を迎えます。

ホルンを中心として呈示される第一主題、木管を中心として呈示される、賛美歌『神の子羊』による第二主題。
金管が第二主題を、木管が第一主題を同時に奏でる終盤は圧巻。
そして、歓びと希望の興奮さめやらぬまま、音楽は幕を下ろすのです。

一大叙事詩のごとき圧巻のスケールと感動に、是非、包まれてください。
スポンサーサイト
23:05  |  鑑賞-music  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://penpenpensama.blog25.fc2.com/tb.php/539-3b41c018

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。